星野科学株式会社

京都府宇治市槙島町石橋10-7

ご訪問戴き有難う御座います。

ここはTLVCのお知らせページです。

その他の情報は下記Home Page をクリックしてください。

 

農産物酵素分解処理及び産地の6次化事業などについては

星野科学.jp Home Page/

連絡問合せは
電話:0774-22-6699
FAX:0774-20-4255
e-mail:info@hoshinokagaku.co.jp
にてお受けいたします。


Ⅰ.本開発技術の効率の良い理由は以下の3点にあると考えられます。

① 原料液薄膜が早く流れその流路が長い効果 

下図A、及びその断面図である図Bに蒸発缶下部から注入したキャリアーガス(蒸気)の流れを示した。蒸気は上部に達するまで回転する軸の円筒に縦に取り付けたヘラで横に払われ斜めに上昇する。円筒の回転速度は300rpmと速いため、蒸気の速度は速く、流路は長くなる。

一方、原料液は蒸気と逆向き(上から注入、下へ流れる)で、蒸気と同じ効果をうける。液の流路も非常に長くなる。

      ヘラに攪拌されて、原料液、蒸気の層の流れは、乱流となり接触が増える。

 原料薄層表面から揮発成分が立ち昇りキャリアーガスに移動するが、接触面での濃度差が揮発成分の移動速度に影響する。絶えず新しい液と表面が入れ替わる乱流が効率アップとなる。

③ 蒸発缶の下部に液溜りがあり、原料は最後ここで加熱される。 

原料液の沸点は、揮発成分が少なくなるに従って上昇するので、下部ほど温度が高い状態が保たれることが望ましい。蒸気入り口に原料液は最終下部に設けられた溜り場所で加温されて沸点まで温度が上がる。実験では液溜りが無い場合より約9%の収率上昇があった。

 Ⅱ.捕集柚子精油の分析

 歩留まりなどの検討値は、実際の収量から計算しましたが、抽出原料の抽出前、抽出後の残留精油成分を協力者である香料メーカーに依頼してGC/MS分析した数値も参考にした。(下記に分析表の一例を示す。:柚子の香りであるHexanol97%が蒸留されている。)

 

テキスト ボックス:                  蒸留前面積        蒸留後面積        蒸発率%[(1-後/前)×100]
Limonene  14595852161    3512846658      76 ←柑橘共有の成分
Hexanol      4998901      152238       97 ←柚子の香り
Linalool      309057651     50915441      16
α-Terpineol   12078008     28564015      236

 

 

 Ⅲ.他の装置で採取した精油との成分の比較

  現在主に使用されている水蒸気蒸留装置で採取した精油の成分をガスマスで分析した値を下記の表で比較したデータがあったので参考に示した。

  柚子の採取時期が同一ではないものの、このデータからは装置間の差は少ないように思えた。

しかし、微量成分であるHexanolを検出していなかったので、今回のデータとしては不十分といえるが

単なる比較データとして使用した。 

 

Limonene

γ-Terpinene

Linalool

Thymol

原料柚子の精油の成分構成

75%

10%

2%

0.2%

本技術装置で採取した精油

66.4%

15.7%

1.6%

0.05%

SCC装置で採取した精油

67.0%

16.1%

1.5%

0.05%

マイクロ波水蒸気蒸留の精油

65.3%

15.0%

1.6%

0.05%

 



【当社業務内容】